龍角寺古墳群57~70号墳|千葉県栄市

ホーム > 古墳探訪記 > 千葉県の古墳 龍角寺古墳群は 印旛沼と利根川には挟まれた台地上に位置しています。 前方後円墳36基、円墳71基、方墳6基など113基の古墳が林間に点在する千葉県内屈指の古墳群です。 前方後円墳で最大のものは、 浅間山古墳 で全長70m。 方墳は 岩屋古墳 が最大で、みそ岩屋古墳がそれにつづきます。 これらの中で特に注目されるのが岩屋古墳です。 全国的に見ても最大級の方墳。 6世紀後半、この地域に台頭してきた豪族が勢力を伸ばし、7世紀前半に築造したものと考えられている。 ここから直線で北約1.5kmに7世紀後半に創建されたとされる龍角寺があり、それらの関連性は考古学上の謎。 (芝山町立芝山古墳 は にわ博物館参照) また 龍角寺古墳群101号墳 は埴輪と墳丘が復元されています。 周辺は房総の里として整備されています。 駐車場、トイレはもちろんのこと資料館もあるので快適な古墳巡りを体験できます。 遊歩道をあるけど右も左も古墳だらけなのでテンション爆上がり間違いなしです。 龍角寺古墳群57号墳 場所:千葉県印旛郡栄町龍角寺1028 墳形:前方後円墳 大きさ:長さ48m 高さ6.3m 龍角寺古墳群57号墳 龍角寺古墳群65 号墳 場所:千葉県印旛郡栄町龍角寺1028 墳形:円墳 大きさ:径16m 高さ 1.7m 円墳 ~現地案内板より~ 6世紀中頃に築造。主体部は古代に盗掘されているが、南に位置した模様。 この 位置から雲母 片岩の破片や、粘土の塊が発掘された。 副葬品と思われる鉄鏃の破片も発見されている。 龍角寺古墳群65 号墳 龍角寺古墳群66号墳 場所:千葉県印旛郡栄町龍角寺1028 墳形:前方後円墳 大きさ:長さ1.9m 高さ1.5m 龍角寺古墳群66号墳 龍角寺古墳群68号墳 場所:千葉県印旛郡栄町龍角寺1028 墳形:前方後円墳 大きさ:長さ:30m 高さ:2.6m 龍角寺古墳群68号墳 龍角寺古墳群70号墳 場所:千葉県印旛郡栄町龍角寺1028 墳形:前方後円墳 大きさ:長さ43m 高さ2.7m 龍角寺古墳群70号墳 瓢塚41号墳石室 成田市の方にある瓢塚古墳の石室が移築・展示されています。 現在の成田ニュータウン内、加良部にあった古墳の石室です。この古墳は瓢塚古墳群48基のうちの1基で開墾などで削られていましたが、昭和45年5月に

浅間山古墳|千葉県印旛郡栄町龍角寺

ホーム古墳探訪記千葉県の古墳

浅間山古墳|千葉県印旛郡栄町龍角寺
浅間山古墳

基本情報

名称:浅間山古墳(せんげんやまこふん)
場所:千葉県印旛郡栄町龍角寺1028
墳形:前方後円墳
製造時期:7世紀前半
龍角寺古墳群最大の前方後円墳
全長約78m
前方部幅58m/前方部高さ7.2m/後円部径52m/高さ8m 
三段築成
埋葬施設:板石組横穴石室(筑波山より運んだと思われる)
副葬品:金銅製冠飾、銀製冠、透かし彫り金具の装身具類、銀装捩り環頭大刀、小刀、金銅製環付足金物大刀、弓、武器、馬具、斧など貴重な異物が数多く出土。

 

周辺環境及び詳細

浅間山古墳は龍角寺古墳群111号墳でもあり、龍角寺古墳群の中で最大、千葉県内でも最も新しいとされる前方後円墳です。

調査の結果平安時代に盗掘されているものの、復室構造の板石組横穴石室に漆塗木管が安置されていたことが判明しています。

石室に用いられた、石は筑波山のものと思われ、切石積の岩屋古墳とは組み方が異なりますが、構造が類似しており、浅間山古墳は岩屋古墳に選考して築造された首長墓と考えられます。(参照:栄町教育委員会設置現地看板)

房総の里から大通りを下からくぐり、林の中を少し行くとあります。

道路に分断され、一人だけ孤立している形になってしまっています。

案内板と階段がなければ気がつかず通り過ぎてしまいます。

階段があり墳頂にはお社が奉られています。

森の中にあるため非常に撮影がしづらい古墳です。

アクセス

電車・バス


一緒に回れる近くの古墳

古墳ギャラリー

浅間山古墳|千葉県印旛郡栄町龍角寺
墳頂へと続く階段

浅間山古墳|千葉県印旛郡栄町龍角寺
墳帳にある祠
浅間山古墳|千葉県印旛郡栄町龍角寺
現地案内板


コメント