龍角寺古墳群57~70号墳|千葉県栄市

ホーム > 古墳探訪記 > 千葉県の古墳 龍角寺古墳群は 印旛沼と利根川には挟まれた台地上に位置しています。 前方後円墳36基、円墳71基、方墳6基など113基の古墳が林間に点在する千葉県内屈指の古墳群です。 前方後円墳で最大のものは、 浅間山古墳 で全長70m。 方墳は 岩屋古墳 が最大で、みそ岩屋古墳がそれにつづきます。 これらの中で特に注目されるのが岩屋古墳です。 全国的に見ても最大級の方墳。 6世紀後半、この地域に台頭してきた豪族が勢力を伸ばし、7世紀前半に築造したものと考えられている。 ここから直線で北約1.5kmに7世紀後半に創建されたとされる龍角寺があり、それらの関連性は考古学上の謎。 (芝山町立芝山古墳 は にわ博物館参照) また 龍角寺古墳群101号墳 は埴輪と墳丘が復元されています。 周辺は房総の里として整備されています。 駐車場、トイレはもちろんのこと資料館もあるので快適な古墳巡りを体験できます。 遊歩道をあるけど右も左も古墳だらけなのでテンション爆上がり間違いなしです。 龍角寺古墳群57号墳 場所:千葉県印旛郡栄町龍角寺1028 墳形:前方後円墳 大きさ:長さ48m 高さ6.3m 龍角寺古墳群57号墳 龍角寺古墳群65 号墳 場所:千葉県印旛郡栄町龍角寺1028 墳形:円墳 大きさ:径16m 高さ 1.7m 円墳 ~現地案内板より~ 6世紀中頃に築造。主体部は古代に盗掘されているが、南に位置した模様。 この 位置から雲母 片岩の破片や、粘土の塊が発掘された。 副葬品と思われる鉄鏃の破片も発見されている。 龍角寺古墳群65 号墳 龍角寺古墳群66号墳 場所:千葉県印旛郡栄町龍角寺1028 墳形:前方後円墳 大きさ:長さ1.9m 高さ1.5m 龍角寺古墳群66号墳 龍角寺古墳群68号墳 場所:千葉県印旛郡栄町龍角寺1028 墳形:前方後円墳 大きさ:長さ:30m 高さ:2.6m 龍角寺古墳群68号墳 龍角寺古墳群70号墳 場所:千葉県印旛郡栄町龍角寺1028 墳形:前方後円墳 大きさ:長さ43m 高さ2.7m 龍角寺古墳群70号墳 瓢塚41号墳石室 成田市の方にある瓢塚古墳の石室が移築・展示されています。 現在の成田ニュータウン内、加良部にあった古墳の石室です。この古墳は瓢塚古墳群48基のうちの1基で開墾などで削られていましたが、昭和45年5月に

古墳を見に行く前に

古墳の楽しさがわからないのであれば、一度実物を見てみよう!実物を見てしまったら、もうやめられない。古墳を見る為だけに旅をする、なんてこともしばしば。

古墳に行く前に心得ておくこと

出発前の注意点

・宮内庁が「天皇陵」に指定している古墳には入れない。
佐紀高塚古墳(称徳天皇高野陵)

・奈良の明日香村が標準だと思っては行けない
 古代史好きなら一度は行ったことであるだろう奈良県明日香村。彼の地が標準的歴史地区だとは思わないでください。駅前にはレンタサイクル、レンタルバイク。自転車をレンタルすると村の地図をもらえる。近くまで行けば観光客が居るので、道がわからなくても付いて行けば何かある。道案内も豊富。明日香村は、地域全体がエンターテイメントです。古墳界のディズニーランド。王様です。あれが古墳が居る環境だと思われてしまうと、いざ古墳巡りに出た時に、痛い目を見ます。

・「古墳公園」は超優遇されている
世の中にある古墳公園。ここで公園内に入れてもらえている古墳は優遇されていると言っていいでしょう。ほとんどの古墳は公園にもされず、整備もされず、古墳に関する看板1枚だけ。民家の隣。竹林、山、荒野の中に佇んでいる古墳がほとんどです。しかし、その姿が美しい。環境に恵まれなくても、何百年とそこに居る。荒れた地で、人々に忘れられても、凛として立っているその姿が美しいのです。

【出発前】
①計画は十分練る
-効率よく回れるルートの確認
古墳巡りは時間との勝負です。24時間営業ですが暗くなると見えなくなります。また交通の便が不自由な所がほとんどなので、公共機関を利用するならば、バスが1時間に1本なんてことも。車で無いのであれば、移動にかなりの時間を取られます。効率よく回れるルートをあらかじめ決めておくと良いでしょう。車の場合でも、場所によっては高速道路で2~3時間かかる、ということも。下調べ、計画は十分に練り、朝早く出て、古墳との時間を十分に取るのが理想です。

-市町村合併の弊害に注意
市町村合併の弊害がこんな所に。古墳に行こうと思ったら、行きたい古墳の所在地を調べますよね?GOOGLEMAPに出ている場合はよいのですがMAPに載っていない、例えば市町村が発行している文化財資料から存在と所在地を知った場合は要注意。古い資料の場合は、市町村合併で住所が変わっているなんてしばしば。作成日が古い情報であれば、住所と地図の両方で確認したほうが安全です。

②目的の古墳の周辺に何があるのか調べる
古墳は群生している場合があります。目的の古墳の周りに、他の古墳が無いか出発前に調べましょう。家に帰ってきて、後日「近くにめっちゃ良い古墳あったじゃん!」と後悔しないようにベストシーズンにいかに多くの古墳と出会えるか、ルート決めは大事です。しかし、巡る事だけに囚われて、肝心の古墳と向き合うことを忘れてしまってはいけません。今日は3ヶ所めぐろうと思っていても、思いがけず良い古墳に出会ってしまったら、1基に1~2時間見とれてしまうこともあります。そういう良い出会いをした時は諦めましょう。「もっと居たいけど、次行かなくちゃ!」なんて事はもったいない。好きなだけ居れば良い。巡れなかった場所には、「次回来れば良い。というか、絶対来るけどね」、位の気持ちを持ちましょう。

現地での注意点

古墳周辺のトイレ・駐車場は要チェック
古墳周辺に無いようであれば最寄りのコンビニをチェック。
古墳は山の中や民家の中にあったりするので車で行く場合は駐車できないことが多々あります。駐車場の有無や近くの公共の駐車場やコンビニは事前にチェックしておきましょう。*コンビニやスーパーなどの駐車場を利用する場合は何か1点買い物をすると古墳めぐらーの好感度が上がります。

古墳めぐりのシーズン

基本古墳巡りは24時間365日いつでも可能ですが適しているにはシーズンがあります。個人的には春と秋がベストシーズンだと思っています。さらにいうなれば3・4・5月、11月が最高だと思います。ただ、好みの古墳によってベストシーズンが分かれるので、自分の体調や訪問する場所によって、万全の準備で行けば、季節関係なく楽しめます。
春は古墳の緑が萌 えとても美しい。梅雨前であれば外歩きに最高の季節ですね。3月下旬~6月梅雨入り前がベストシーズン。
 真夏は過酷です。倒れます。焼けます。
「海?」
「いいえ古墳やけです。」
というやり取りが発生します。そして行く手を阻む草木と蚊・蜘蛛・けむし。しかし真夏は晴れの日が多いので、青い空と緑豊かな古墳絵は最高です。ばえる写真が撮れる可能性が高いのは夏です。
秋は紅葉とのコラ ボが最高ですが9月10月までは虫たちの繁殖時期。蜘蛛の巣に頻繁に引っかかるのと蜂に襲われがちです。おすすめは11月です。
観光シーズンなのでどこへ行っても混んでいますが、古墳の周りは常に人混みレス。
人がいたら逆に驚く。
冬は虫がいないので良いですが、屋外なので寒い上に、枯れ草がもの悲しく見えます。ばえる写真は期待できません。
ただし、埼玉古墳軍様曰く「小型円墳が密集した群集墳を回る場合は草木の枯れている12月~4月がベストシーズン」とのこと。

オフの時期は古墳巡りに向けて、しっかりと体を作りましょう。
オフの時は、次のシーズンへ向けて行きたい場所を調べたり、古墳めぐりに向けて体力づくりをして過ごせば、充実した一年を過ごすことができます。    

持ち物

古墳愛

これは必ず持参してください。これを忘れると大変です。ただの墓荒らしに成り下がります。古墳はあくまでもお墓です。野ざらしにされていても、半壊していても、地元の人に「あれって古墳なの?ただの土の塊だ と思ってた」と、言われも、「古墳なんてここにはないよ!」とおしゃっていたご家庭のすぐ隣にあったとしても、愛を持って接してください。


古墳めぐりの持ち物

古墳めぐりの服装

古墳巡りには適した服装というものがあります。たとえ彼氏と古墳デートをする場合でもおしゃれなヒールなどを履いていってはいけません。
古墳巡りの時の服装