龍角寺古墳群57~70号墳|千葉県栄市

ホーム > 古墳探訪記 > 千葉県の古墳 龍角寺古墳群は 印旛沼と利根川には挟まれた台地上に位置しています。 前方後円墳36基、円墳71基、方墳6基など113基の古墳が林間に点在する千葉県内屈指の古墳群です。 前方後円墳で最大のものは、 浅間山古墳 で全長70m。 方墳は 岩屋古墳 が最大で、みそ岩屋古墳がそれにつづきます。 これらの中で特に注目されるのが岩屋古墳です。 全国的に見ても最大級の方墳。 6世紀後半、この地域に台頭してきた豪族が勢力を伸ばし、7世紀前半に築造したものと考えられている。 ここから直線で北約1.5kmに7世紀後半に創建されたとされる龍角寺があり、それらの関連性は考古学上の謎。 (芝山町立芝山古墳 は にわ博物館参照) また 龍角寺古墳群101号墳 は埴輪と墳丘が復元されています。 周辺は房総の里として整備されています。 駐車場、トイレはもちろんのこと資料館もあるので快適な古墳巡りを体験できます。 遊歩道をあるけど右も左も古墳だらけなのでテンション爆上がり間違いなしです。 龍角寺古墳群57号墳 場所:千葉県印旛郡栄町龍角寺1028 墳形:前方後円墳 大きさ:長さ48m 高さ6.3m 龍角寺古墳群57号墳 龍角寺古墳群65 号墳 場所:千葉県印旛郡栄町龍角寺1028 墳形:円墳 大きさ:径16m 高さ 1.7m 円墳 ~現地案内板より~ 6世紀中頃に築造。主体部は古代に盗掘されているが、南に位置した模様。 この 位置から雲母 片岩の破片や、粘土の塊が発掘された。 副葬品と思われる鉄鏃の破片も発見されている。 龍角寺古墳群65 号墳 龍角寺古墳群66号墳 場所:千葉県印旛郡栄町龍角寺1028 墳形:前方後円墳 大きさ:長さ1.9m 高さ1.5m 龍角寺古墳群66号墳 龍角寺古墳群68号墳 場所:千葉県印旛郡栄町龍角寺1028 墳形:前方後円墳 大きさ:長さ:30m 高さ:2.6m 龍角寺古墳群68号墳 龍角寺古墳群70号墳 場所:千葉県印旛郡栄町龍角寺1028 墳形:前方後円墳 大きさ:長さ43m 高さ2.7m 龍角寺古墳群70号墳 瓢塚41号墳石室 成田市の方にある瓢塚古墳の石室が移築・展示されています。 現在の成田ニュータウン内、加良部にあった古墳の石室です。この古墳は瓢塚古墳群48基のうちの1基で開墾などで削られていましたが、昭和45年5月に

岩屋古墳|千葉県

ホーム古墳探訪記千葉県の古墳

岩屋古墳
岩屋古墳

基本情報

名称:みそ岩屋古墳(みそいわやこふn)
場所:千葉県印旛郡栄町龍角寺1028
墳形:方墳
製造時期:7世紀中頃
大きさ:辺78m、高さ13.2m 三段築成
埋葬施設:切石積横穴式石室 東西2室

 
所在地に行っても駐車場はないので房総の里の駐車場を使用

周辺環境及び詳細

みそ岩屋古墳は龍角寺古墳群の106号墳です。

末期の古墳としては日本最大規模。

龍角寺古墳群中最後の前方後円墳、浅間山古墳の後続として築造と推定され、龍角寺の創建に係わり、後の埴生郡司につながる印波国造一族の墓と考えられ ている。

龍角寺の七不思議の一つとして三ヶの岩屋の隠れ座頭の椀貸し伝説が残されています。

(参照:現地案内板)


【椀貸し伝説】

三ヶの岩屋とは、みそ岩屋古墳、岩屋古墳、上福田古墳のことだそう。

盗人がお椀が必要になり岩屋古墳の窟でお椀を貸りたという伝説のことらしいです。

全国各地に似たような伝説があり、隠れ里(平家の落ち武者?)伝説につながっているそう。

ほかの地域では借りたお椀は返さず、代々受け継ぐという話もある。


現在石室は開口していますが、鉄格子がはまっており、覗くことは可能ですが中に入ることはできません。

アクセス

電車・バス/JR「安食駅」から徒歩43分


一緒に回れる近くの古墳

コメント