龍角寺古墳群57~70号墳|千葉県栄市

ホーム > 古墳探訪記 > 千葉県の古墳 龍角寺古墳群は 印旛沼と利根川には挟まれた台地上に位置しています。 前方後円墳36基、円墳71基、方墳6基など113基の古墳が林間に点在する千葉県内屈指の古墳群です。 前方後円墳で最大のものは、 浅間山古墳 で全長70m。 方墳は 岩屋古墳 が最大で、みそ岩屋古墳がそれにつづきます。 これらの中で特に注目されるのが岩屋古墳です。 全国的に見ても最大級の方墳。 6世紀後半、この地域に台頭してきた豪族が勢力を伸ばし、7世紀前半に築造したものと考えられている。 ここから直線で北約1.5kmに7世紀後半に創建されたとされる龍角寺があり、それらの関連性は考古学上の謎。 (芝山町立芝山古墳 は にわ博物館参照) また 龍角寺古墳群101号墳 は埴輪と墳丘が復元されています。 周辺は房総の里として整備されています。 駐車場、トイレはもちろんのこと資料館もあるので快適な古墳巡りを体験できます。 遊歩道をあるけど右も左も古墳だらけなのでテンション爆上がり間違いなしです。 龍角寺古墳群57号墳 場所:千葉県印旛郡栄町龍角寺1028 墳形:前方後円墳 大きさ:長さ48m 高さ6.3m 龍角寺古墳群57号墳 龍角寺古墳群65 号墳 場所:千葉県印旛郡栄町龍角寺1028 墳形:円墳 大きさ:径16m 高さ 1.7m 円墳 ~現地案内板より~ 6世紀中頃に築造。主体部は古代に盗掘されているが、南に位置した模様。 この 位置から雲母 片岩の破片や、粘土の塊が発掘された。 副葬品と思われる鉄鏃の破片も発見されている。 龍角寺古墳群65 号墳 龍角寺古墳群66号墳 場所:千葉県印旛郡栄町龍角寺1028 墳形:前方後円墳 大きさ:長さ1.9m 高さ1.5m 龍角寺古墳群66号墳 龍角寺古墳群68号墳 場所:千葉県印旛郡栄町龍角寺1028 墳形:前方後円墳 大きさ:長さ:30m 高さ:2.6m 龍角寺古墳群68号墳 龍角寺古墳群70号墳 場所:千葉県印旛郡栄町龍角寺1028 墳形:前方後円墳 大きさ:長さ43m 高さ2.7m 龍角寺古墳群70号墳 瓢塚41号墳石室 成田市の方にある瓢塚古墳の石室が移築・展示されています。 現在の成田ニュータウン内、加良部にあった古墳の石室です。この古墳は瓢塚古墳群48基のうちの1基で開墾などで削られていましたが、昭和45年5月に

古墳と埴輪

ホーム> 古墳の基本> 古墳と埴輪

 埴輪とは

古墳時代に盛んに作られた日本のやきものである。

​古墳の墳丘やテラスなどに配置された。

基本的には埋葬者の御魂を悪霊や盗賊などから守るための結界やお守りのようなものと考えられている。



日本書紀』垂仁紀に、殉死者を埋める代わりに土で作った人馬を立てたとあり、これを埴輪の起源としている。しかし、考古学的に上記のような変遷過程が明らかとなっており必ずしも正しいとは言えない。ただし垂仁天皇は実在したとすれば世代的に三世紀後半から四世紀前半の人物であるため埴輪が作られ始めた時期と一致するので、磁気だけを見れば日本書紀に書かれていることは考古学とも一致するともいえる。

埴輪の形

埴輪の形は主に2種類に分けられる。

①円筒埴輪(えんとうはにわ)

②形象埴輪(けいしょうはにわ)

時期としては円筒埴輪が先でのちに形象埴輪が作られるようになった。

円筒埴輪は筒のような形の埴輪で、形象埴輪は人物や動物、家などをかたどった埴輪のことである。教科書や資料集に掲載されている埴輪はほとんどが形象埴輪である。

また人気も形象埴輪の方が高い。

下記画像の前列が円筒埴輪で後しろ2列が形象埴輪。埴輪


古墳の基本に戻る>>

コメント